カラコンは高度管理医療機器、正しく使用しましょう。

カラコンに対する意識

カラコンは若い女性の間でとても人気になっています。その一方でカラコンの事故やトラブルというものはいつもあります。どこのカラコンが安全か、眼科医に相談するのが一番ですなのですが、今の女性のカラコンの使用目的を見ると、医者に相談するまで荷は至らないのが現状です。もっとも心配なのは、まるでアクセサリーを買うような感覚でカラコンを購入し、使っている人たちもいることです。

 

このような人たちはカラコンのリスクをわかっていません。カラコンにはいつもリスクが伴っており、目の障害を引き起こしてしまう場合もあるということを知らないのです。なんと若い世代では友達どうしでカラコンを貸し借りすることもあるといいます。誤った扱い方をするととても危険です。最悪の場合は失明にもいたることもあります。おしゃれのために失明をしたら意味がありません。

 

若い世代に人気

 

カラコン最近10〜20代の女性を中心に流行っているとともに、カラーコンタクト。による障害もはやっています。カラコンのトラブルはどうして起こるのでしょうか?国民生活センターは、カラーコンタクトレンズの粗悪品が出回っていることに理由があるとしています。特に 眼科医の診察を受けずに通信販売で買う場合がとても危険であるといわれています。もちろん通販で購入すると安いというメリットがあります。

 

そのために通販購入する多くは10代〜20代の女性といわれています。そんなカラコン、ファッション感覚で付ける人が多いためにそれも問題になっています。カラコンの使用者の約4割が眼科を未受診であることがわかっています。トラブルを抱える人の多くが女性で92.0%を閉めます。年代は10代が50.8%、20代が29.4%となっており。80%が若い女性が抱える問題になっています。